東京都千代田区岩本町の司法書士・行政書士事務所

 TEL 03−5821−2877         奥西司法書士・行政書士事務所
 電話・メールでの無料相談・登記見積り致します。   千代田区岩本町2−12−8−701
ボタンTOP   ボタン不動産登記   ボタン会社登記   ボタン裁判事務   ボタン遺言・相続   ボタン入管手続   ボタンお問い合せ
line
ボタン line line
space

ボタン会社登記TOPへ

ボタン定款の変更
ボタン定款の作成
ボタン

ボタン債権譲渡登記
ボタン

ボタン動産譲渡登記
ボタン

定款の作り方

ボタン株式会社の定款作成のポイント

1.絶対的記載事項(必ず決めなければならない事)
 @商号(会社の名前)
 A目的(会社が行う事業内容)
 B本店所在地
 C発行可能株式総数(株式の発行枠)
 この他、会社設立時には最初に出資される財産額や発起人の住所氏名を決めます。

1.相対的記載事項(定款で決めなければ効力がない事項)
 @会社の機関(株主総会・取締役を除く)
 A株式の譲渡制限規定
 B単元株の導入
 C役員の任期の定め(法定された任期を除く)
 D基準日(議決権のある株主等を確定するために設ける日)
 E取締役会の書面決議
 この他にも数多くあり、例えば会社設立時の現物出資なども相対的記載事項です。

1.任意的記載事項(定款で定めておいても差支えない事項)
 @法令に違反しない内容の株主総会等の招集手続き
 A会社の社訓
 法令や公序良俗に反しない限り上記のような事柄も決めておく事ができます。

 現在では、株式会社は先ずは1人で作ることも可能ですし、実際に1人会社が多く設立されています。この場合には、会社の目的や決算期等を工夫しながら、現実的な規定を設けていくことがポイントになります。
 会社に関わる人間が複数いる場合、例えば株主となる出資者や役員を複数名選任する場合には、どの機関でどういった事を決めるのか、決める場合の決議要件なんかにも気を配っていく必要があります。
 詳しくは、お問い合わせください。
line line line

東京都千代田区岩本町2−12−8−701 奥西司法書士・行政書士事務所
TEL 03−5821−2877   いつでもお気軽にお問い合せ下さい。

Copyright(C)2008、Shiro Okunishi
line